鈴 蘭 台 高 等 学 校 同 窓 会
神戸鈴蘭台高等学校同窓会
翠鈴会事務局

 

〒651-1102
神戸市北区山田町下谷上字中一里山9-107
TEL&FAX 078-593-2517
info@suireikai.jp


翠鈴会の皆様へ    校長 尾原 周治
 
 
 翠鈴会の皆様には、平素から本校の教育活動に対するご理解と、ご支援をいただきありがとうございます。この場をお借りしてお礼申し上げます。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で様々な制約が出ている中、徐々に通常の教育活動に近づいている状況にあり、生徒たちは先輩方の伝統を受け継ぎ、学習、学校行事、部活動等にのびのびと取り組んでおります
昨年から延期しておりました通常2年生で行う修学旅行を3年生の4月に行い、行き先はグアム島への修学旅行でしたが沖縄石垣島方面に変更し、実施してきました。また6月の文化祭は観客の制限や内容の縮小など制約がありましたが、大きな混乱もなく実施することができました。また9月の体育祭は緊急事態宣言下であったため、10月に延期し、無観客、種目縮小でしたが大きな盛り上がりを見せ、実施することができました。
例年多大なご援助をいただいております国際交流ですが、現地に赴くことはできず、オンライン交流という形で、韓国、台湾、オーストラリアの高校生と交流を行って参りました。加えて英語に関しての特別講義を夏休みに複数回実施し、生徒たちの語学力上達を目指して参りました。
部活動に目を移すと、編集部が全国総合文化祭に出場し、女子バレーボール部、水泳部が近畿大会への出場を果たすことができました。
いよいよ令和4年度から学年進行で新指導要領の実施が始まり、高等学校教育が大きく変わろうとしています。生徒たちがこれから向かっていく社会はSociety5.0、AIによる社会基盤の変化といった社会的変化が私たちの今までの予測を超えて進展していくと言われています。また、ポストコロナ、ウィズコロナで求められる社会、常に危機に備える社会で求められる人財を育成していくことが、教育に課せられた使命であると考えます。本校においても、このような流れをしっかり受け止め対応を進め、より一層魅力ある学校作りに取り組んでいきたいと思います。
翠鈴会の皆様におかれましては、本校の教育活動に対して、今後ますますのご協力をいただきますとともに、後輩たちの活動への温かいご支援をお願いして、ご挨拶とさせていただきます。